本文へスキップ

梅田神明宮

東京都 足立区 梅田6-19-4




 書道教室



 井上正鐵霊神ご夫妻



  井上正鐡(いのうえまさかね)霊神

 寛政二年(一七九〇)八月四日、江戸日本橋浜町の山形藩秋元家中屋敷にて、勘定役安藤真鐵(あんどうまがね)の次男としてお生まれになりました。

父の真鐵は国学者の賀茂真淵の弟子にして、国学を究めし碩学の武士ではありましたが、藩の財政を預かる立場から、当時の地震や飢饉等の天災による庶民生活の窮乏に心を痛め、物心両面に渉る救済に思い煩い、常に夜の明けに至るまで同志の人たちと談論されました。

日頃父親と寝起きを共にしていた幼少の正鐵は成長するに及び、救世の情熱に燃え、国学、禅学、医学、易学、観相学、調息法、槍術等、幕末著名の諸師に学び、其の奥義を極めた後、白川家に入門され神拝式許状を授かり、天保十一年(一八四〇)に梅田神明宮の神主となられました。

そして、天照皇大神のご神徳を奉じて祓修行を行ずるならば、誰もが信心を得て救われるとする民衆教化の活動を、この梅田神明宮で実践されたのです。これが後に明治政府より特別に布教を公認される禊教(みそぎきょう)といわれる教派神道の活動です。

神道の伝統、呼吸法、粗衣粗食を基本とするその教えはたちまち民衆に広まり、貧しい者や富める者、また農民から有力幕臣まで、身分を越えて多くの人々が入門しましたが、やがて幕府の嫌疑を招くこととなり、開教二年後、寺社奉行による取り締まりを受けて三宅島へ遠島され、嘉永二年(一八四九)、帰幽されました。






祖雨乞いの像
三宅島にて、日照りに苦しむ島民から降雨祈願を求められ、実際に祈祷を行ったところ、恵みの雨がもたらされました。

この絵は、明治二十一年一月、市村座の改築開業公演の際に、「新開場梅田神垣(しんかいじょううめだかみがき)」という演目の中で、劇聖九代目市川団十郎が演じた、三宅島泉津山での井上正鐵霊神雨乞いの像です。
明治二十三年四月十八日深川禊教会社中より献納。











谷中霊園の教祖奥都城 谷中霊園(東京都台東区)の井上正鐵霊神奥都城。
父の安藤真鐵(あんどうまがね)と共に眠る。

毎年十月十八日に谷中奥都城墓前祭が執り行われます。









梅田稲荷神社の教祖奥都城 梅田稲荷神社(東京都足立区)の井上正鐵霊神奥都城。
妻の男也(おなり)、高弟たちともに眠る。

毎年旧暦の二月十八日に梅田奥都城墓前祭が執り行われます。










谷中霊園の教祖奥都城 三宅島伊賀谷の井上正鐵霊神奥都城。
高弟の笹本九右衛門(ささもときゅうえもん)と共に眠る。

毎年二月十八日に慰霊祭が執り行われます。




※井上正鐵霊神奥都城は谷中、梅田、三宅島の三箇所に分かれて(分骨して)存在しています。



ページの先頭へ