本文へスキップ

宗教法人 梅田神明宮

東京都 足立区 梅田6-19-4



 当宮の歴史

梅田神明宮
 創建は、慶長年間(一五九六〜一六一五)と伝えられ、始め地主神を勧請されましたが、明暦三年(一六五七)の江戸の大火、宝暦十年(一七六〇)の江戸の大火に、二度とも芝神明宮が類焼し、何れかの火災の後の頃、地主神の祀られている境内地内に、神明社として建立され、後に梅田神明宮と申上げるようになりました。

 御祭神は天照皇大神、相殿に井上正鐵霊神を配祀してあります。
 
 天照皇大神は、伊勢神宮に奉祀されている私たちの祖神(おやがみ)様で、神代の昔、天の岩戸に籠もらせられて、その御修行によって、天津神、国津神の御神徳を得給いて、慈愛の御心を以て総てのものを抱容し、悔い改める過ちは御容(ゆる)しなされ、正しい願いは必ず成就させて下さる、あらかたな神様で、最高の貴神と崇められています。

 境内右の手水舎には、文化十二年と刻まれ、文化七年(一八一〇)から文政十一年(一八二八)の間に徳川幕府により編纂された、新武蔵風土記には、神明社と記載されています。

 配祀の井上正鐵霊神は、神祇伯白川伯王家に入門して、神職の免許を得た後、梅田神明宮の神主となられました。天保十一年(一八四〇)四月十五日に、弟子の野澤鐵教(のざわかねのり)、三浦隼人(みうらはやと)等を連れて、梅田神明宮神主として御奉仕なされましたが、当時、梅田は江戸の東北に位置する辺鄙な村でした。御奉仕して間もなく、井上正鐵の人徳を敬慕して、丹後の宮津藩七万石の藩主伯耆守(ほうきのかみ)松平宗発(むねあきら)、嗣子宗秀(むねひで)を始め大名、梅田近在の名主、庄屋、市井の庶民に至るまで、あらゆる階層の人々が入門して教えを受けられました。

 信望頓に高まるにつれ、蝟集(いしゅう)する信者後を絶たず、幕末騒然たる折柄ではあり、遂に幕府の忌諱(きい)に触れ、天保十二年(一八四一)十一月二十四日、寺社奉行与力同心より、神主井上正鐵を始め、奥方男也(おなり)、弟子三浦隼人夫妻等、逮捕拘引され、小伝馬町牢屋に投獄され、無宿の浪人として厳しい取調べを受けた三浦隼人は同年十二月二十四日に獄死し、男也と三浦夫人は同日釈放され、正鐵は翌年二月十六日に一旦釈放されましたが、同年十一月二十八日には再逮捕されて、遂に天保十四年(一八四三)二月九日、寺社奉行により遠島申し渡され、同年五月二十五日江戸を離れ、三宅島へ流罪人として送られ、嘉永二年(一八四九)二月十八日、世の為め人の為め、心魂を凝らして御祈念なされた梅田神明宮に帰る事なく神上がられ、六十歳の御生涯を孤島三宅島伊ヶ谷に終られました。

 徳川幕府の投獄の理由は、「新義異流を以て、庶民を惑わす」との事でしたが、正鐵が梅田神明宮に奉仕して僅かの間に、澎湃(ほうはい)として広まる教勢が、やがて倒幕の勢力と転化しては、と疑い恐れて弾圧の暴挙に出たものと推察されます。役人の偏見短慮が偉大な聖(ひじり)を南海の小島に葬ってしまいました。

 正鐵は、寛政二年(一七九〇)八月四日、江戸浜町館林藩秋元候邸に、勘定役安東真鐵(あんどうまがね)の次男として生まれました。安東家は新田家に発し、里見家を遠祖とし、結城の合戦に敗れ、上総国(かずさのくに)(千葉県)安東村に逃れて隠棲するに及んで、安東の姓とし、正鐵は少年の頃、井上家の養子となり、後に養家を辞しましたが、終生井上姓を名乗られました。

 正鐵の父、真鐵は国学者の賀茂真淵の弟子にして、国学を究めし碩学の武士ではありましたが、藩の財政を預かる立場から、当時地震や飢饉等の天災による庶民生活の窮乏に心を痛め、物心両面に渉る救済に思い煩い、常に夜の明けに至るまで同志の人たちと談論され、日頃父親と寝起きを共にしていた幼少時の正鐵は、父親の膝を枕として、眠ったり目を覚ましたりして、其の話を聞きつつ訓育され、それが習い性となって成長するに及び、救世の情熱に燃え、国学、禅学、医学、易学、観相学、調息法、槍術等、幕末著名の諸師に学び、其の奥義を極めて幾多の秘術、遺訓、逸話を後世に伝えられました。

 正鐵が天保十三年二月十六日に一旦釈放されました時、寺社奉行の命令により、日頃の教導の趣旨を上下二巻にまとめ、釈疑書として二月十八日に差出されましたが、其の釈疑書は禊教(みそぎきょう)の教典として、全国の禊教団の教導の拠り所となっています。

 二巻の釈疑書は、正鐵が心身を清め、梅田神明宮奥宮に籠られ、神明に御祈念し、神示を其のまま記述された御文で、全く私心なく書綴られた文章として申し伝えられ、正鐵自らも神明の御言葉として、一字一句も疑う事なきよう諭されておられます。

 現存の奥殿が由緒深き奥宮で、正鐵が在世中、心魂込めて御祈念なされました御社殿です。拝殿は明治七年に建立されたものです。その御社殿の隣には、正鐵がお住まいになられた家屋が、幾度かの修繕を経て、今も残されています。また、鳥居は明治三十年に建立されたものです。奥殿、拝殿、正鐵霊神ご旧宅、鳥居。これらの建物は、大正十二年の関東大震災の折も、さらには、第二次世界大戦の空襲により周辺一帯が火の海と化した時も、類焼を免れ、今日に至っています。

井上神社
 御末社は正鐵を始め、男也、真鐵夫妻、三浦隼人夫妻等の御霊を合祀した御社で、大教正平山省斉謹書と書かれた「井上神社」の掲額があります。


井上神社の由来書
 慶応四年二月十八日、神祇伯白川資訓(すけのり)王が、井上正鐵霊神の遷霊の儀を執り行いました。其の旨を神具に御署名なされ、副幹には、武蔵国足立郡梅田村禊祓霊舎に祀るとしたためられ、書頭には、天皇の御印と伝えられる押印があります。




ページの先頭へ





バナースペース