本文へスキップ

宗教法人 梅田神明宮

東京都 足立区 梅田6-19-4

禊教発祥の霊場、梅田神明宮



紙垂
御 祭 神
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
 井上正鐡霊神(いのうえまさかねれいじん)

御 由 緒
 宝暦十二年の江戸大火の直後、当時地主神が祀られていた現在の境内に奉斎されたと伝はる。天保十一年に井上正鐡翁奉仕して息の行法を以て神道の極意を伝へた禊教発祥の霊場。

例 祭 日
4月15日

月 次 祭
毎月15日午後1時
 当日、祭典に先立ち、井上正鐵霊神お伝えの息の行法を斎行しております。どなた様も自由にご参列いただけます。



 水 滌 神 事 ( み そ ぎ ま つ り ) の ご 案 内
 二月十五日(水)午前十時三十分開始。
川越熊野神社の岡本宮司を道彦(みちひこ=指導者)としてお招きし、冷水を浴び心身を清め、神様に感謝の誠を捧げる「水滌(みそぎ)」の神事を執り行います。
※参加人数がほぼ定員に達しているため若干名のみ募集します。ご希望者は社務所へお問い合わせください。

水滌神事(みそぎまつり)



 一 日 修 行 の ご 案 内
 井上正鐵霊神お伝えのお修行を、隣接の唯一神道禊教道場にて、毎年春と秋に斎行しております。次回は平成三十年五月十三日(日)の開催となります。ご参加を希望される方は事前にお申込みください。

祓い修行とは

一日修行
 
※参加費は5千円です。事前申込みが必要となります。老若男女どなた様も歓迎いたします。宗旨は問いません。また、入信の勧誘も行っておりません。詳細については、どうぞお気軽にお問い合わせください。


 平成三十年元旦 観世流能楽師 謡いと仕舞ご奉納

 昨年に続き、本年も観世流シテ方能楽師 梨良一師梨万里師による神前ご奉納を賜りました。謹んで御礼を申し上げます。


 東京都神社庁発行「生命(いのち)の言葉」
 平成二十九年十二月の「生命の言葉」に当宮ご祭神 井上正鐵霊神の言葉が掲出されています。平成二十九年の生命の言葉は「生きる力」と「あるべき姿」という主題のもとに募集・選定されました。

   





大 祓 詞 (おおはらえことば) 書 写 の ご 案 内
 日本最古の祝詞「大祓詞」・・・心身に積もった罪や穢れを清める、古代の格調高い詞を書き写す専用の書写用紙(下書きが印刷されており、その上をなぞって墨書します)を当宮で用意しております。ご希望の方はどうぞお申し出下さい。

書写ご奉納




ページの先頭へ