本文へスキップ

梅田神明宮

東京都 足立区 梅田6-19-4

禊教発祥の神社、梅田神明宮



紙垂
御 祭 神
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
井上正鐡霊神(いのうえまさかねれいじん)

御 由 緒
 宝暦十二年の江戸大火の直後、当時地主神が祀られていた現在の境内に奉斎されたと伝はる。天保十一年に井上正鐡翁奉仕して息の行法を以て神道の極意を伝へた禊教発祥の霊場。

例 祭 日
4月15日

月 次 祭
毎月15日午後1時
 当日、祭典に先立ち、井上正鐵霊神お伝えの息の行法を斎行しております。どなた様も自由にご参列いただけます。



 七五三のご予約受付開始
七五三

 令和四年度の七五三ご祈祷のご予約受付を開始しました。

 お子様が無事に七五三を迎えられたことを神様に感謝し、今後の成長を祈願する神事です。「健康長寿の神様」をお祀りする梅田神明宮で、ぜひ七五三のご祈祷をお受けになってください。

 ご祈祷の時期は11月の上旬頃が目安となります。ご予約はお早目にどうぞ。詳細につきましては社務所へお問い合わせくださいませ。


 兼務宮司拝命のご報告
 当宮の野村明生禰宜は令和四年七月一日付で、足立区柳原に鎮座する柳原稲荷神社の宮司を拝命いたしました。謹んでお受けし、氏子崇敬者の弥栄を願い、神明奉仕に励んで参る所存です。また、当宮で取り組んでいる地域貢献活動「しゃべり場」を柳原稲荷神社でも展開し、特に深刻な高齢化、孤立化問題に向き合って参りたいと存じます。ご意見、ご提言等ございましたら、ぜひお聞かせください。


 夏 越 大 祓 式 斎 行
 令和四年六月三十日(木)、異例の猛暑のもと、午後三時三十分より夏越大祓式が執り行われました。茅の輪くぐり神事の後、昇殿し、皆で禊祓詞・三種祓詞・大祓詞を奉唱。全員汗だくになりながらも、この半年間に身についた罪穢れを祓い清め、無病息災を祈り、感謝の気持ちを神様にお伝えいたしました。
今回、初めての試みとして、茅の輪くぐり神事にて、葵雅楽会の下山貴彦様が篳篥(ひちりき)を奉奏してくださいました。


 梅 田 神 明 宮 例 大 祭 を 斎 行
 令和四年四月十五日(金)、梅田神明宮例大祭を斎行いたしました。
 コロナ禍に加え、冷たい雨の降りしきる中、ご参列くださいました皆様、ご奉納をいただいた地元の皆様、ご崇敬者の皆様に心より御礼を申し上げます。

 今回も恒例となりました葵雅楽会の伶人(下山恵子様・下山貴彦様)による雅楽、さらには国風歌舞の東遊より「駿河歌」(古代東国の歌謡)をご奉納いただきました。


  また、ご崇敬者のブリージングストレッチ本院代表・古久澤靖夫様より、「朝夕神拝式」百巻をご奉納いただきました。重ねて御礼を申し上げます。



 神 道 行 法 「 一 日 修 行 」 の ご 案 内
 江戸時代に当宮で発祥した、井上正鐵霊神お伝えの祓(はらい)修行を隣接の唯一神道禊教道場にて、通常、毎年春と秋に開催しておりますが、現在は新型コロナ禍のため不定期の開催とし、感染者数の動向や行政の対応等を注視しつつ、少人数(1〜2名)の修行者をお招きして実施しております。

 すでにご予約のお申し込みを頂いている方から順次、ご案内させていただく予定ですので、順番までしばらくお待ちください。

 尚、修行当日の開始前に、神職、スタッフを含めて参加者全員を対象に、新型コロナ抗原検査キット(厚労省承認の医薬品)を用いた検査を行なわせていただきます。予め、ご了承ください。

※新規のお申込み、お問い合わせを随時受け付けております。
・抗原検査キット、食事を含めて参加費は5千円です。
・老若男女どなた様も歓迎いたします。
・宗教の勧誘は行なっておりません。

祓い修行とは




 令和四年 大寒水滌神事(みそぎまつり)
 2月1日午前、約2年ぶりとなる「水滌神事」が斎行されました。ご崇敬者一同、「寒の水」と云われる神聖な冷水を全身に浴び続けて心身を清め、神様へ感謝の誠を捧げました。

令和四年水滌神事



 令和四年元旦 能楽奉納
 元旦午前零時、観世流シテ方能楽師梨良一師梨万里師による、能楽を奉納上演いたします。両師は明治神宮にも毎年のお正月に能楽を奉納され、神社界へ格別の崇敬をいただいております。

観世流 梨師 神前ご奉納



 東京都神社庁発行「生命(いのち)の言葉」
 平成二十九年十二月の「生命の言葉」に当宮ご祭神 井上正鐵霊神の言葉が掲出されています。平成二十九年の生命の言葉は「生きる力」と「あるべき姿」という主題のもとに募集・選定されました。

生命(いのち)の言葉 井上正鐵霊神   生命(いのち)の言葉 井上正鐵霊神



大 祓 詞 (おおはらえことば) 書 写 の ご 案 内
 日本最古の祝詞「大祓詞」・・・心身に積もった罪や穢れを清める、古代の格調高い詞を書き写す専用の書写用紙(下書きが印刷されており、その上をなぞって墨書します)を当宮で用意しております。ご希望の方はどうぞお申し出下さい。

書写ご奉納




ページの先頭へ