本文へスキップ

梅田神明宮

東京都 足立区 梅田6-19-4

禊教発祥の神社、梅田神明宮



紙垂
御 祭 神
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
 井上正鐡霊神(いのうえまさかねれいじん)

御 由 緒
 宝暦十二年の江戸大火の直後、当時地主神が祀られていた現在の境内に奉斎されたと伝はる。天保十一年に井上正鐡翁奉仕して息の行法を以て神道の極意を伝へた禊教発祥の霊場。

例 祭 日
4月15日

月 次 祭
毎月15日午後1時
 当日、祭典に先立ち、井上正鐵霊神お伝えの息の行法を斎行しております。どなた様も自由にご参列いただけます。



 新型コロナウィルス感染予防のため、マスクの着用、手洗いやうがいの徹底、ソーシャルディスタンスの確保に努め、昨年夏より毎月1回、神職の抗体検査を実施しております。結果は陰性となっておりますが、気を緩めることなく対応してまいります。尚、「3密」の回避が困難な一部の行事は当面の間、自粛させていただきますので、何卒、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


 令和三年元旦 枯炉那退散祈願 能楽奉納
 元旦午前零時、観世流シテ方能楽師梨良一師梨万里師による、新型コロナ退散祈願の能楽を奉納上演いたします。両師は明治神宮にも毎年のお正月に能楽を奉納され、神社界へ格別の崇敬をいただいております。

観世流 梨師 神前ご奉納



 神 道 行 法 「 一 日 修 行 」 の ご 案 内
 井上正鐵霊神お伝えの祓(はらい)修行を、隣接の唯一神道禊教道場にて、毎年春と秋を目処に開催しておりますが、新型コロナウィルスの感染拡大の状況を考慮し、現在は自粛しております。

 感染症の流行が収まり、行政による終息宣言が発せられるまで、従来の形式・人数の開催を自粛させていただくこととなりますが、特に首都圏の感染者数の増加が十分に抑制され、検査体制がいっそう拡充された段階で、ごく少人数で一日修行を実施するべく検討を進めております。

祓い修行とは



 東京都神社庁発行「生命(いのち)の言葉」
 平成二十九年十二月の「生命の言葉」に当宮ご祭神 井上正鐵霊神の言葉が掲出されています。平成二十九年の生命の言葉は「生きる力」と「あるべき姿」という主題のもとに募集・選定されました。

生命(いのち)の言葉 井上正鐵霊神   生命(いのち)の言葉 井上正鐵霊神



大 祓 詞 (おおはらえことば) 書 写 の ご 案 内
 日本最古の祝詞「大祓詞」・・・心身に積もった罪や穢れを清める、古代の格調高い詞を書き写す専用の書写用紙(下書きが印刷されており、その上をなぞって墨書します)を当宮で用意しております。ご希望の方はどうぞお申し出下さい。

書写ご奉納




ページの先頭へ